ホーム > 事業内容 > 保険コンサルティング事業

保険コンサルティング事業

保険商品を選ぶ上でもっとも重要なことは、事故や災害にあった時、想定している保険金が受取れるかどうかです

保険商品の持つ特質

保険は一般的に私たちが購入する有形の商品とは違い、買った時にはその価値がわかりにくいものです。保険商品は私たちが不測の事故や災害、健康を害するなどにより経済的な損失を被った時に保険会社がその契約により損害を肩代わりするのが保険の役割です。
保険は掛けていれば「安心」というものではなく、事故や災害にあった時、初めて保険の真価が問われるものです。
それだけに、独自の検討すべきポイントがあり、その内容も多岐にわたります。保険選びの際には、保険料のみの比較にとらわれず保険という商品が持つ特質を理解しておくことが重要です。

保険商品の選び方

保険商品を選ぶ上で最も重要なことは、保険は加入すれば良いものではなく、事前に自分や家族、企業にとってどの様な事故や損害が起き得るのか(固有リスク)を想定し、その目的に対して最も適する保険を探したり、複数の商品を組み合わせ、リスクに見合う的確な設計をすることです。

私たちは、設立当初から保険コンサルティングに関する知識や経験を蓄積し、お客様にいつも安心を提供できる体制を築いてきました。その結果、保険代理店として国内トップクラスの実績に至り、その実績が信用となり保険会社に対して大きな影響力を持つことが出来ました。そのため、私たちは「保険を販売する」だけでなく、今までになかった補償内容の保険を、保険会社とお客様と連携し作り出すなどお客様に最適な保険設計のアドバイスをすることが出来ます。私たちは保険契約時にはお客様に最高の安心と安全を提供できると自負しています。

保険会社・保険商品を選ぶポイント
保険会社について
  • □ 信頼度や支払能力が高いか。
  • □ 全国や海外のサービス網が充実しているか。
  • □ 保険商品を安定供給できるか。
保険商品について
  • □ リスクに見合う補償かどうか検討し、商品を選定、又は組み合わされているか。
  • □ 商品の特約など重複を除き、目的に合うように設計されているかどうか。
  • □ 保険金額が適切に設定されているかどうか。
  • □ 保険金の支払われないケース(免責事項)を確認したかどうか。
  • □ 補償する内容とともに、保険金の支払われ方も確認したかどうか。
  • □ 事故後の継続、保険料がどのようになるのか。